英国→日本で育児生活。


by ritti1112
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あああ、恥ずかしっ


熱は下がったが今度はなんだか体温が下がってきたので真冬チックな装いの息子。
夜中に授乳のため抱っこしたら冷たくてびっくりした。3日目午後から咳が出始め、ここ二日ほど夜中は2、3時間おきに起きるので母子ともに寝不足、鼻が詰まり気味で母乳を飲むのも大変、離乳食はほとんど手付かず、、、なんて事態に発展している。


ところで、今住んでいる市には乳幼児医療費助成制度というものがあって、毎回発生する医療費のうち500円だけ自己負担ということになっている。(私の地元だと無料なんだけどなー)咳が苦しそうなので、今日また小児科に行ってきたのだが、雨も降りそうだし、抱っこひもとショルダーバッグで身軽に出かけることにした私。支払いの時さっとお金が出せるように、そしてショルダーバッグのスペースが少ないので、大きな財布を持っていく代わりに財布の中にちょうど良くあった500円玉をポケットにつっこんでいくことにした。でもまぁ何かあった時のためにと千円札も一緒に持って行った。そして支払いの時、「500円になります」と言われて勢いよく差し出したお金を見て一気に顔が真っ赤になってしまった、、、↓



b0082232_13264744.jpg




、、、、、。(恥)
大きさといい、厚さといい、暗ーいお財布の中では同じに見えたんだもの、、、
価値にしたら数円VS500円という雲泥の差だけど。(苦笑)

日本に戻ってきてからこれで何回目だろう。。
一度はコンビニで小銭で全部きれいに支払えた!!とすっきり快感!な支払いをしたら「あのー、お客様、、、これ、10円玉じゃないようなんですが、、」なんて言われて恥をかいたこともあったし。(汗)

念のために、と千円札持ってきてよかった。(笑)


結局、息子は今の症状から典型的な風邪、との診断。突発だったら生涯免疫ができるらしかったので、惜しかったー。咳がひどいけれど、私たちのようにマスクをしてあげれないので、保湿をしてなんとか喉に負担が少しでも行かないようにしてあげるべきなんだろうけれど、加湿器がない我が家は今日からしばらく続く雨予報に頼る予定です(酷い親)。
[PR]
by ritti1112 | 2011-05-26 13:30 | 7~11ヶ月 | Trackback | Comments(6)

発熱



息子が生まれて初めて本格的な熱を出した。
先週末は実家に帰り、そして自宅に戻ってきた次の日の朝からなーんか渋ーい顔をするなぁ、と思っていたらおでこがほんのり熱いことに気づき、測ってみると37.1度。こういうときちゃんと前もって平熱を調べておけばよかった、と後悔するのだが、時すでに遅し。でもいつもより熱い気がするからきっと平熱は37度はないはず。(イギリス人ではそういう方たくさんいるので)
起きて1時間もしないうちからもう目をこすっている息子。ちょっと母乳を飲んでまたすぐにベッドに戻し、2時間ほど朝寝から起きたところで体温チェック。すると38.1度もある!!なんか鼻息荒いし、明らかに苦しそう。でも今のところなんとか母乳は飲んでるし、様子を見ることに、、、って時に夫は暇だから、、とランニングに出かける(怒)。
この人のランニング、これがまた長い!!!(怒怒)夫が出かけて1時間くらいしたころ息子が起きたのだけれど、38.4度になっていたのでもうこれは病院に行かなくちゃ!と休日外来の病院をネットで調べ始める、、が夫が帰ってこない!!!(怒怒怒)1時間半ほどしたところでやーっと夫が帰ってきたのでさっさと準備してもらって3人で小児科の先生が休日診察をしている近所の病院へ。
今のところはっきりしないけれども、もしかしたら「突発」かもね。と言われる。始めピンっとこなかったけれど、突発性発疹ってやつらしい。イギリスではなぜだかこの病名って全然聞かないのだけれども、日本に帰ってきて読んだ「ひよこクラブ」に書いてた1日~1週間の発熱後に発疹が出るそうな。なのでその発疹が本当に出たらそこで初めて突発性発疹だったとわかるらしい。
家に戻ってからも熱は38度台が続き、もう本当に苦しそうにしていたので、病院で処方された坐薬の解熱剤をあげたらすーーっと眠りにつき、起きてからも数時間は久しぶりに笑顔を見せてくれてホッ。その後また熱は少し上がったものの、薬をあげるほどではなく、結局2日間で熱は下がってくれた。って今日が3日目だからまだはっきりとはしていないのだけれど。

前にロタウィルスに罹って上も下も大変なことになったことはあったけれど、こんなに苦しそうな息子を見たのは初めてで本当にかわいそうだった。熱が治まって見せてくれた笑顔が今でも心に焼き付いている。

夫曰はく、実家に帰るたびに風邪やら何やらもらってくるので、「1歳半くらいまであの家には連れて帰らないほうが良いんじゃないか」、と冗談半分本気半分(苦笑)。突発性発疹は感染性のものではないとは思うけど、どうしても大きな従弟がいるからいろんな菌をもらいやすいのは事実。こうやって少しずついろんな菌に免疫を作って強くなるように願うしかないんだけれども。(笑)
[PR]
by ritti1112 | 2011-05-24 12:55 | 7~11ヶ月 | Trackback | Comments(0)

8ヶ月

ここ1か月、表情が豊かになり、相手をしているのがもっともっと楽しくなってきた。
おなかを擽れば笑い、木製のひも付き犬を引っ張ってあげると手を伸ばして掴もうとし、小さなボールを転がせば取りに行こうとし(でもまだ前進できないため手が伸びるだけ)、暑くなったので窓を開けているとカーテンがフワッと広がるたびにポカーーーンと見上げるようになった。
大人の私たちにとっては極々当たり前の表情であったり、しぐさであったり、反応であったりするのだけれど、これまでただぼーーーーっと物を見つめるだけだった赤ん坊が少しずつ表情を豊かにしていく様子を見守るというのはこんなに楽しくそして愛おしいことなんだと今更ながら実感しています。
これと並行して少しずつ自己主張が始まっているのか、ベビーカーに乗っているときに延々と泣くことが増えてきた。ただ暑くて泣いているのか、抱き上げてもらいたくて泣いているのか判断はつかないのだけれど、本当に周りの注目を浴びるくらい泣き叫ぶので(汗)途中で夫が抱っこ、私が空のベビーカーを押す羽目になる。最近はこれに慣れてベビーカーには必ず簡易抱っこひもを載せるようになった。これから暑くなるから抱っこすると増々汗をかくのでいろいろと対策が必要。

くさい話。(お食事中の方はご注意ください)
離乳食をしっかりと食べるようになってうんちの臭いが明らかに変わった。今まではうんちをしたかどうか服の上から嗅いでも(笑)私にはわからなかったけれど、今はすぐにわかる。そして母乳だけだとゆるーいうんちだったのだけれど、今はだいぶ固形に近づいている感じ。少しずつ着実に「子供」に近づいているんだなーー

日本は一気に暑くなってこのゴールデンウィークの間に何度かあせもができてしまった息子。調べているといろんな暑さ対策グッズが売られているようなので、長い長い日本の夏に備えなくては!

追記:

体の成長としてはぐらついていた一人座りが安定して、後ろで誰かが座って安全対策していれば一人で座ったまま遊ぶようになった。一方方向しか回れなかった寝返りは気が付けばどちらでもそして障害がなければ果てしなく転がり続けるようになったので、私たちのベッドで遊ばせるときには増々目が離せなくなった。抱き上げて立てらせると両足に力を入れて踏ん張り、座ろうとしないので、きっとそのうちどこかにつかまらせたらしばらく「つかまり立ち」し始めるんだろうな。こうやって次のステップが少しずつ見えて、そしてその過程を見ていくのがまた面白い。




b0082232_14475920.jpg

今更ながら桜ショット♪

[PR]
by ritti1112 | 2011-05-09 14:49 | 7~11ヶ月 | Trackback | Comments(6)